home
information

for contents

how-to HTML files

default layout

browsers

pictures

table

frame
upload
tags

form
bbs
HP Guide for Beginners(タイトルロゴ)

[tags] (P.2)

 <BR>
  行変えのタグ。
 <P>
  段落変えを行うタグ(本来は<P>~</P>(~:任意のテキスト)ですが、</P>は省略可)で、自動的に
  一行スペースが入ります。
  (<BR>は書いた数だけ行間が空きますが、<P>はいくつ書いても一行しか空きません)
 <NOBR>
  このタグに挟まれた部分は改行されません。(IEでは、このタグを使うと下が一行空いてしまったり、タグ自体が働かない
  ことがあります)
 <WBR>
  "<NOBR>内"でも、このタグを書いたところだけは改行します。
  (テキストがウインドウ内に収まってしまうときは機能しません。また、これもIEでは無効のこともあります)


 <HR>
  罫線(横線)を表示するタグ。このタグの前後は、自動的に改行されます。(デフォルト: 太さ2ピクセル、中央揃え、
  長さ100%)
  (オプションとして、"SIZE","WIDTH","ALIGN","NOSHADE")

  <HR SIZE="*">
   (*: ピクセル数)
   罫線の太さを変えます。
   (NN6(以降)のバージョンによっては、<HR SIZE="1">と指定してもデフォルトと同じになります)
  <HR WIDTH="*">
   (*: ピクセル数)
   罫線の長さを変えます。(%でもOKですが、ウインドウの幅によって長さが変わります)
  <HR ALIGN="p">
   罫線を左寄せ(p=LEFT)または右寄せ(p=RIGHT)にします。
  <HR NOSHADE>
   罫線の影を表示しないようにします。


 <H*>~</H*>
  (*: 1~6)
  見出しを作るタグ。文字は太字となり、自動的に改行されます。大きさは6段階で、数字が小さいほど
  大きく表示されます。
  (NetscapeとIEでは大きさが異なります)

 <FONT SIZE="*">~</FONT>
  (*: 1~7)
  フォントサイズを(部分的に)変更します。大きさは7段階で、数字が大きいほど大きく表示されます。
  (これもNetscapeとIEで大きさが異なります)

 <BASEFONT SIZE="*">
  (*: 1~7)
  ページ全体のフォントサイズを指定します。
  (デフォルト:"*"=3; <BODY>タグの直後に記述して下さい)

  (Note:
  (フォントサイズによっては(特にネットスケープの場合、小さくすると)見づらくなることがあるので、
  注意して使用して下さい。
  また、<TABLE>内は無効です)


 <FONT SIZE="+*">~</FONT>または<FONT SIZE="-*">~</FONT>
  (*: 1~7; +*, -*: 基本フォントサイズとの差)
  (<BASEFONT SIZE="*">を指定している場合)文中でフォントサイズを変えたい時に使用します。


 <FONT COLOR="#******">または<FONT COLOR="color name">
  (*:0~9またはa~f "color name": 任意の色)
  フォントカラーを部分的に変更します。(色の指定は、"BODY BGCOLOR"と全く同じです)

 <FONT FACE="xxx">
  (*:xxx: 任意のフォントタイプ名)
  フォントタイプを部分的に変更します。(一部を除いてIE、NN6以上のみ有効)

  (フォントタイプは3つまで指定できます(書いた順に優先で表示:例えば、1番目に指定したフォントが
  HPを見ている人のPCにインストールされていない場合、2番目に指定したフォントで表示されます)。
  その場合、フォントとフォントの間は、 , (半角カンマ)で区切って下さい。
  (ネットスケープでは、指定通りに表示されないこともあります)
  また、"Times New Roman"など半角スペースが入るフォント名の場合、 ' (半角コーテーション)で括って下さい)
  (フォントの選択によっては、Macで見ている場合文字が表示されなくなる可能性があるので、
  指定の際には"Osaka"も加えておいて下さい)

  ex)

  <FONT FACE="'MS 明朝',Courier,Osaka">A Happy New Year!</FONT>

     

   A Happy New Year!

  A Happy New Year!
  (ソースはこちらをご覧下さい)

 <BASEFONT FACE="xxx">
  (*:xxx: 任意のフォントタイプ名)
  ページ全体のフォントタイプを指定します。
  (IEのみ有効・フォントタイプの指定は"FONT FACE"と全く同じ)

  (<BODY>タグの直後に記述して下さい)


 <center>~</center>
  テキストやイメージを中央揃えで表示するタグ。
  (このタグの前後は、自動的に改行されます)
 <DIV ALIGN="p">~</DIV>
  テキスト位置を左寄せ(p=LEFT)、右寄せ(p=RIGHT)、または中央揃え(p=center)にします。
 <PRE>~</PRE>
  記述したテキスト通りに表示します。(このタグの前後は、それぞれ一行ずつ空きます)
  (IEでは、フォントの大きさによっては表示がずれることもあります)
  (Note:
  <PRE>タグ内には、<BR>や<P>は入れないようにして下さい(入れると、行間が余分に開いてしまうなど、
  レイアウトが崩れてしまうことがあります))
  また、特殊文字だけは"記号"として処理されてしまうので、こちらの書き方で記述して下さい)


 (IE5以上では、<BR>, <P>, <HR>, </center>, </DIV>の直前に全角スペースを記述しても無視されます)


 <B>~</B>
  文字を太字で表示します。
 <I>~</I>
  文字を斜体で表示します。
 <STRONG>~</STRONG>
  文字を強調表示します。(ネットスケープ、IEでは<B>~</B>と同じに見えます)
 <EM>~</EM>
  文字を斜体で強調表示します。(ネットスケープ、IEでは<I>~</I>と同じに見えます)
  (Note:
  <EM>~</EM>は"強調"、<STRONG>~</STRONG>は"より強調"という意味合いがあるので、
  <STRONG><EM>~</EM></STRONG>のような書き方は誤りです。
  ---ネットスケープ、IEで太字&斜体で表示し、且つそれ以外のブラウザでも強調表示したい場合には、
  <STRONG><I>~</I></STRONG>と書いておくと無難でしょう)
  また、<B>~</B>や<STRONG>~</STRONG>をテーブルやフレーム内で使用した場合
  (及びテーブルで<TH>を使用した場合)、NN6では、テーブルの枠の右側に文字がかかってしまったり、
  スクロールの後ろに文字の一部がかかってしまうことがあります。
  (これはNN6(以降)のバグと思われるので、修正バージョンアップ版が出るのを待つしかないようです)

 <U>~</U>
  文字にアンダーラインを付けます。
 <BIG>~</BIG>
  文字を大きく表示します。
  (複数使用可で、タグの数が多いほど文字が大きくなります。
  (ネットスケープ、IE共、4つ以降は記述しても変わらなくなるようです))
 <SMALL>~</SMALL>
  文字を小さく表示します。
  (複数使用可で、タグの数が多いほど文字が小さくなります。
  (ネットスケープ、IE共、4つ以降は記述しても変わらなくなるようです)))
 <S>~</S>
  文字に抹消線を引きます。
 <SUP>~</SUP>
  上付き文字で表示します。
 <SUB>~</SUB>
  下付き文字で表示します。


 <!-- ~ -->
  (~: 任意のテキスト)
   更新日付などをHTMLファイル内に"メモ書き"したい時に使うタグ。
   (ブラウザには表示されません)

   (スタイルシートやJava Scriptを書く際には必要不可欠ですが、ここでは解説は省略します)


〔"LINK TAG"〕

 <A HREF="file name">~</A>
  同一ディレクトリ内のファイルにリンクします。
 <A HREF="URL">~</A>
  他のURL(ホームページアドレス)のファイルにリンクします。
 <A HREF="file name#xxx">~</A>
  (xxx: 任意の名前)
  同一ディレクトリ内のファイルの特定部位にリンクします。
  (リンク先ファイルのリンクしたい部位に"xxx"を指定して下さい(<A NAME="xxx">~</A>))
 <A HREF="URL#xxx">~</A>
  (xxx: 任意の名前)
  他のURL(ホームページアドレス)の特定部位にリンクします。
  (リンク先ファイルに"xxx"が指定されていることが条件(<A NAME="xxx">~</A>))
 <A HREF="file name"><IMG SRC="file name'"></A>
  イメージをリンクボタンにします。(同一ディレクトリ内へのリンク)
 <A HREF="URL"><IMG SRC="file name'"></A>
  イメージをリンクボタンにします。(他のURL(ホームページアドレス)へのリンク)
 <A HREF="#xxx">~</A>
  (xxx: 任意の名前)
  (同一)ページ内の特定部位にリンクします。
  (リンクしたい部位に"xxx"を指定して下さい(<A NAME="xxx">~</A>))
 <A HREF="#xxx"><IMG SRC="file name'"></A>
  (xxx: 任意の名前)
  イメージをリンクボタンにします。((同一)ページ内の特定部位へのリンク)


 <A HREF="file name" TITLE="name">~</A>
  (name: 任意のテキスト)
  リンク文字上にマウスポインタをもっていくと、"吹き出し"でテキストが表示されます。
  (IE4以上, NN6以上有効)
  (ネットスケープの場合、テキストが長いと、途中で(または文頭の方が)切れてしまうことがあります)


 <A HREF="mailto:e-mail address">~</A>
  あらかじめ指定したメールアドレスの入ったメールウインドウが開かれます。(リンクボタン(文字)をクリックした後も、
  色は変わりません)
 <A HREF="mailto:e-mail address%20?subject=xxx">~</A>
  (xxx: 任意の名前)
  (メールアドレスに加えて)あらかじめ指定したSubjectの入ったメールウインドウが開かれます。
    ex) sample
     <A HREF="mailto:abc@xxx.aaa.ne.jp%20?subject='BODY'タグは、1ページに一つだけ!">sample</A>


〔"LIST TAG"〕

 <UL><LI>~</UL>
  (~: 任意のテキスト)
  順序を指定しないリストを作成するタグで、デフォルトでは行の先頭に黒丸が付きます。
  ("<LI>~"はいくつでも指定可)

 <UL><LI TYPE="xxx">~</UL>
  (xxx: disc(デフォルト), circle または square)
  行の先頭に付くマークの種類を指定します。
  (circle=白丸、square=四角(黒) ですが、NN3, IE3は一部サポートしてないようです)

   ex)
   [海外旅行に持っていくもの]
    <UL>
    <LI TYPE="disc">パスポ-ト
    <LI TYPE="disc">トラベラーズチェック(T/C)
    <LI TYPE="circle">海外旅行傷害保険証
    <LI TYPE="circle">クレジットカード(VISAがベスト?)
    <LI TYPE="square">国際免許証
    <LI TYPE="square">英語辞典(小さいもの)
    </UL>

          

   [海外旅行に持っていくもの]



 <OL><LI>~</OL>
  (~: 任意のテキスト)
  順序を指定したリストを作成するタグで、デフォルトでは数字で表示されます。
  ("<LI>~"はいくつでも指定可)

 <OL TYPE="n">~<LI></UL>
  (n: 1(デフォルト), A, a, I, または i)
  (行の先頭に付く)数字(または記号)の種類を指定します。

 <OL START="n">~<LI></UL>
  (n: 整数)
  (行の先頭に付く)開始番号を指定します。("OL TYPE"と同時に指定できます)

   ex)
   [(私の)ブラウザの使用頻度]
    <OL TYPE="I">
    <LI>NN7(デスクトップ)
    <LI>IE6(デスクトップ)
    </OL>
    (ここまでが、私がふだん使っているブラウザ)
    <OL START="3" TYPE="I">
    <LI>IE5.5(デスクトップ)
    <LI>NC6.2.3(ノート)
    <LI>IE5.01(ノート)
    </OL>

          

   [(私の)ブラウザの使用頻度]

  1. NN7(デスクトップ)
  2. IE6(デスクトップ)
    (ここまでが、私がふだん使っているブラウザ)
  1. IE5.5(デスクトップ)
  2. NC6.2.3(ノート)
  3. IE5.01(ノート)



 <DL><DT>~<DD>~</DL>
  (~: 任意のテキスト)
  定義リスト(用語とその解説)を作成するタグで、"<DD>~"は、テキストの左側にインデント(字下げ)を付けて表示されます。

 <DL COMPACT><DT>~<DD>~</DL>
  (~: 任意のテキスト)
  ("<DD>~"の上に1行スペースが入ることがありますが)行間を詰めてスペースが入らないようにします。

   ex)
    <DL COMPACT>
    <DT>
    [ブラウザの強制終了]
    <DD>
    ネットスケープは(9x系では)IEに比べてリソースの消費が少ないのが利点ですが、突然原因不明の強制終了して
    しまうことがある欠点があります。
    (IEでは、強制終了の経験はほとんどありません---でもこれは、単に、使用頻度の違い?)
    </DL>

          

[ブラウザの強制終了]
ネットスケープは(9x系では)IEに比べてリソースの消費が少ないのが利点ですが、突然原因不明の強制終了してしまうことがある欠点があります。(IEでは、強制終了の経験はほとんどありません---でもこれは、単に、使用頻度の違い?)


 <BLOCKQUOTE>~</BLOCKQUOTE>
  引用を示すタグ。(通常、左右が全角文字で約3字分インデント("字下げ")され、前後がそれぞれ一行ずつ空きます)


〔"TAGS FOR NETSCAPE"〕*

 <BLINK>~</BLINK> (NN3~NN6、NN7有効(NN6.1~NN7PR1無効))
  文字が点滅します。
   (IEでも点滅させる方法はこちら)

 <SPACER TYPE="horizontal" SIZE="*"> (NN3, NC4のみ有効)
  (*: ピクセル数)
  水平(横)方向にスペースを作るタグ。
 <SPACER TYPE="vertical" SIZE="*"> (NN3, NC4のみ有効)
  (*: ピクセル数)
  垂直(縦)方向にスペースを作るタグ。
 <SPACER TYPE="block" WIDTH="*" HEIGHT="*"> (Netscape3.0~Netscape7PR1有効)
  (*: ピクセル数)
  四角形の(水平(横)方向・垂直(縦)方向同時に)スペースを作るタグ。


〔"TAGS FOR IE"〕* (IE2.0以上有効)


(*:
上記のとおり、"SPACER TYPEタグ"はネットスケープのみ有効ですが、IEでもイメージを効果的に使用すれば、ピクセル単位でフォントやイメージの位置をずらすことができます。


(方法)
  1. グラフィックソフトで1*1ピクセル(ドット)の透過gifファイルを作り、
  2. "IMGタグ"のWIDTHとHEIGHTで好みの大きさに拡大して貼り付ける
・・・これだけです。(簡単でしょう?)

(---描くのは面倒、という人は、私の作ったイメージを使って下さい(下のテーブル枠の中のどこかを右クリックしてショートカットメニューを出せばダウンロードできます)))
1*1ピクセル(ドット)の透過gifファイル


〔"sample"〕

ex)
<center><H3>'<U>賢い</U><BLINK>フォーム</BLINK>の記入法'</H3></center>
<HR SIZE="5" WIDTH="300" ALIGN="RIGHT">
---<B>フォーム</B>に記入しなければならない、でも<I>キーボード入力</I>は苦手、早く書かないと<FONT COLOR="silver">接続料</FONT>と<FONT COLOR="#8788bc">電話代</FONT>が<SMALL>・・・</SMALL>あせると、ますますキーボードが打てなくなってしまう・・・そういう方は多いと思います(---私もそう)。---そこで、効果的な<BIG>課金節約法</BIG>をお教えします。<BR>
(なお、この方法は、<S>ie</S> IE3ではうまくいかないようですが、一度試してみて下さい)<P>
<SPACER TYPE="horizontal" SIZE="10">1) フォーム記入のページがブラウズされたら、(ブラウザは閉じずに)いったん接続を切る<BR><SPACER TYPE="vertical" SIZE="3">
<SPACER TYPE="horizontal" SIZE="10">2) フォームに記入する<BR><SPACER TYPE="vertical" SIZE="3">
<SPACER TYPE="horizontal" SIZE="10">3) 記入し終わったら、再び接続し、'送信'ボタンを押す

'賢いフォームの記入法'


---フォームに記入しなければならない、でもキーボード入力は苦手、早く書かないと接続料電話代・・・あせると、ますますキーボードが打てなくなってしまう・・・そういう方は多いと思います(---私もそう)。---そこで、効果的な課金節約法をお教えします。
(なお、この方法は、ie IE3ではうまくいかないこともあるようですが、一度試してみて下さい)

1) フォーム記入のページがブラウズされたら、(ブラウザは閉じずに)いったん接続を切る
2) フォームに記入する
3) 記入し終わったら、再び接続し、'送信'ボタンを押す



→Next 


Copyright 1998-2018 (C) "Opal" All Rights Reserved.