home
information

for contents

how-to HTML files

default layout

browsers

pictures

table

frame
upload
tags

form
bbs
HP Guide for Beginners(タイトルロゴ)

["upload"]

---UPできるだけのコンテンツのHPができ、"ローカルテスト"でもOKとなったら、いよいよ"世界に向けて情報発信!"です。
---当たり前の話ですが、自分のPC上で"ローカルテスト"をしているだけでは、誰もWWW上でそのHPを見ることができません。---そこで、WWW上のどこかに自分専用のスペース(自宅サーバーなど、個人でWWWサーバーを持っている人は別として、ふつうは契約しているプロバイダやレンタルサーバーのwwwサーバーの一部)を"レンタル"して持つことになるわけですが、そこに"HP用のファイル"をUP(コピー)する時に使うのが、FTPソフトと呼ばれるアプリケーションです。
---FTPソフトとしては、Windowsでは"WS_FTP",etc.、Macでは"Fetch"が有名ですが、ここでは私が使っている(Windows用)ソフト"NextFTP"(シェアウエア)、"FFFTP"(フリーウエア;最近はこちらをメインに使っています)、1999年末まで使用していた"CuteFTP"(シェアウエア)を紹介します。

(NextFTPのDL先・操作方法→こちら
FFFTPのDL先・操作方法→こちら
CuteFTPのDL先・操作方法→こちら)

 (Macユーザーの方は、
  http://fetch.jp/ (Fetch4.0.1 J1のダウンロード・解説)

 をご覧下さい)



  〔NextFTPの入手法〕
ダウンロード先:

  http://www.forest.impress.co.jp/library/nextftp.html

 (インターネット関連雑誌の付録CD-ROMに入っていることもあります)



 〔NextFTPの使用法〕

   ・"手動接続": とりあえず、面倒な設定なしですぐFTPしたい時・・・

   ・"自動接続": 一度設定(登録)してしまえば、こちらの方が便利













  (("手動接続"))
  1. NextFTPを起動する(nextftp.exeのアイコン(またはそのショートカット)をダブルクリック、またはスタートメニューから起動)
  2. ローカルディレクトリの画面をHP作成用フォルダの中身に直す
    (矢印の付いたフォルダのアイコンをクリックすると、階層が上がります。
    または、フォルダアイコンの左側のプルダウンメニューでも階層を指定できます)

      NextFTPのウインドウ

    (左側: ローカルディレクトリ---デフォルトではローカルディレクトリの画面に"ドキュメント"の中身が表示(Win98の場合); 右側: WWWサーバー側のディレクトリ---こちらは、まだ接続していないので何も表示されません))

  3. ファイルメニューの"ホスト"から"簡易接続"を選択するとダイアログが出るので(下図)ホストアドレス(wwwサーバー名)を入力し、"OK"をクリック

    (既に簡易接続でサーバーにログインしたことのある場合、図のようにホストアドレスが表示されます。
    (初めて簡易接続でログインする場合、空欄)
    その中にログインしたいホストアドレスがある時は該当するものをクリック、なければ新規に入力して下さい)

      簡易接続のダイアログ

  4. (接続のダイアログが出るので)"接続"をクリック
  5. "ユーザーIDの入力のダイアログ"が出るので"ホームページID(アカウント)"を入力して"OK"をクリック
  6. "パスワードの入力のダイアログ"が出るので"ホームページパスワード"を入力して"OK"をクリック
  7. 画面右側にフォルダがいくつか(1つだけのこともあります)表示されるので、ルートディレクトリ("public_html"という名前のことが多いですが、プロバイダによって違うので、各自確認して下さい)をダブルクリックする
    (ファイアーウォールまたはルーター使用の場合、WWWサーバーに接続できないことがあります。
    その場合、"メニュー→オプション→オプション"をクリック→"ファイアーウォール(プロキシ)"タブをクリック→"PASVモード"にチェックを入れて下さい)

    (Note:
    Plala、Geocitiesなど一部のサーバーでは、直接wwwサーバーの中にアクセスするようになっているので、フォルダは表示されません。
    そのままファイルをアップロードして下さい)
  8. 画面左側のローカルディレクトリに含まれるファイルを一つ一つドラッグ&ドロップしていく(転送が完了するとサウンドが鳴るので(また、画面下側にも"転送完了"と表示されます)、次のファイルをドラッグ&ドロップする)
    (または、ローカルディレクトリに含まれるファイルからUPしたいファイルを選択して(左)クリックし(複数のファイルをUPしたい場合は"SHIFTキー"を押しながら(左)クリック)、次いで右クリックでショートカットメニューを出し、"アップロード(U)"をクリック)

    (転送先にフォルダを作成するには、画面右側(WWWサーバー側)の何もない部分を右クリックしてショートカットメニューを出し、"フォルダの作成"を選択するとダイアログが出るので、任意の名前を入力して"OK"をクリックして下さい)

    (なお、WWWサーバー側にあるファイルと同名のファイルを転送しようとすると、ダイアログが出るので、上書きしたい場合は"OK"(上書きするファイルが複数ある場合には"以降すべて")をクリックして下さい)
(---もし、間違って必要ないファイルを送ってしまったり、ルートディレクトリをダブルクリックするのを忘れてファイル転送してしまった時)
画面右側(WWWサーバー側)の消去したいファイルを(左)クリックし、次いで右クリックでショートカットメニューを出し、"削除"を選択すると消去されます。













  (("自動接続"))
  1. NextFTPを起動する(nextftp.exeのアイコン(またはそのショートカット)をダブルクリック、またはスタートメニューから起動)
  2. ローカルディレクトリの画面をHP作成用フォルダの中身に直す
    (矢印の付いたフォルダのアイコンをクリックすると、階層が上がります。
    または、フォルダアイコンの左側のプルダウンメニューでも階層を指定できます)

      NextFTPのウインドウ

    (左側: ローカルディレクトリ---デフォルトではローカルディレクトリの画面に"ドキュメント"の中身が表示(Win98の場合); 右側: WWWサーバー側のディレクトリ---こちらは、まだ接続していないので何も表示されません))

    (ここまでの手順は、"手動接続"と同じです)

  3. ファイルメニューの"ホスト"から"接続"を選択するとダイアログ("ホストに接続 - NextFTP")が出るので(下図)、まず左上の"個人用"(のフォルダ)をクリックして選択し、次いで右側中央の"新規ホスト"をクリック

    (後で設定内容を変更したい場合には、変更したいホスト("新規ホスト"で設定後、リストに自動的に追加されます)をクリックして選択し、"編集"ボタンをクリックすれば変更できます)

      'ホストに接続 - NextFTP'のウインドウ

  4. ダイアログ(下図)が開くので、

      ホスト名:任意のものでOK
      ホストアドレス:WWWサーバー名
      ユーザーID:アカウント
      パスワード:ホームページパスワード

    を記入し、"OK"をクリック

    (他の欄はそのままでOKです)

      'ホストの設定'のウインドウ

  5. 下図のように個人用フォルダの下にホスト("ホストの設定"ダイアログで設定したホスト名)がリストに追加されているはずなので(この例では既に複数のホストが設定されています)、接続したいホストをクリックして選択し、次いで"接続"ボタンをクリック

      'ホストに接続 - NextFTP'のウインドウ

  6. 画面右側にフォルダがいくつか(1つだけのこともあります)表示されるので、ルートディレクトリ("public_html"という名前のことが多いですが、プロバイダによって違うので、各自確認して下さい)をダブルクリックする
    (ファイアーウォールまたはルーター使用の場合、WWWサーバーに接続できないことがあります。
    その場合、"メニュー→オプション→オプション"をクリック→"ファイアーウォール(プロキシ)"タブをクリック→"PASVモード"にチェックを入れて下さい)

    (Note:
    Plala、Geocitiesなど一部のサーバーでは、直接wwwサーバーの中にアクセスするようになっているので、フォルダは表示されません。
    そのままファイルをアップロードして下さい)
  7. 画面左側のローカルディレクトリに含まれるファイルを一つ一つドラッグ&ドロップしていく(転送が完了するとサウンドが鳴るので(また、画面下側にも"転送完了"と表示されます)、次のファイルをドラッグ&ドロップする)
    (または、ローカルディレクトリに含まれるファイルからUPしたいファイルを選択して(左)クリックし(複数のファイルをUPしたい場合は"SHIFTキー"を押しながら(左)クリック)、次いで右クリックでショートカットメニューを出し、"アップロード(U)"をクリック)

    (転送先にフォルダを作成するには、画面右側(WWWサーバー側)の何もない部分を右クリックしてショートカットメニューを出し、"フォルダの作成"を選択するとダイアログが出るので、任意の名前を入力して"OK"をクリックして下さい)

    (なお、WWWサーバー側にあるファイルと同名のファイルを転送しようとすると、ダイアログが出るので、上書きしたい場合は"OK"(上書きするファイルが複数ある場合には"以降すべて")をクリックして下さい)
(---もし、間違って必要ないファイルを送ってしまったり、ルートディレクトリをダブルクリックするのを忘れてファイル転送してしまった時)
画面右側(WWWサーバー側)の消去したいファイルを(左)クリックし、次いで右クリックでショートカットメニューを出し、"削除"を選択すると消去されます。



→Next 


Copyright 1998-2018 (C) "Opal" All Rights Reserved.